前へ
次へ

医療機関での低出力のレーザー治療で肝斑も解消

30代から40代のアジア人女性に多いとされるのが肝斑であり、シミの一種ですが左右対称にまるでぼんやりした地図のようにシミができます。頬を中心にできますが、一昔前だと肝斑は美容クリニックでのレーザー治療には不向きとされていました。昔の美容医療レーザーは高出力で、美肌効果はあるものの肝斑などのシミに照射をすると、強すぎて悪化をすることがあるためです。ところが近年になって美容医療の治療でも、肝斑はレーザー治療が可能になっています。フラクショナルレーザーのような強いタイプではなく、弱いレーザーを照射する方法です。レーザートーニングは麻酔不要の低出力であり、力が弱いだけに複数回の治療が必要ですが、肝斑を時間をかけて改善させていくことができます。低出力なので照射後に肌が腫れたり出血するような、長くつらいダウンタイムも必要はありません。皮膚の入れ替えを強みとする従来のフラクショナルレーザーは、かさぶたになって剥がれるまで2週間ほど必要でしたが、そうしたこともありません。

Page Top